新しく交換するメリット

男性

古くなったガス給湯器を省エネタイプの新しい給湯器に交換することには、ランニングコストが低くなったり、二酸化炭素の排出量が抑えられたり、便利な機能が付いていたりとさまざまなメリットがあります。給湯器工事の専門業者では、格安で商品を提供し、独自の保証制度も設けています。

ガスと電気

給湯器

取り替える時の注意点

給湯器には、ガス給湯器と電気給湯器の2種類があります。ガス給湯器はガスを使ってお湯を沸かし、電気給湯器は電気を使ってお湯を沸かします。それぞれにメリットデメリットがあるので、給湯器を交換するときに、どちらにすべきか、また、業者に依頼するときのポイントがあります。まず、交換する前に見るべきポイントは、自分が今使っているのが電気とかガスのどちらなのかという点です。電気とガスは、それぞれ家中の他の場所でも使われています。最近では家中のエネルギーを電気で賄うやり方が人気があります。ですから、今使っている給湯器がガスの場合、これを気に電気に交換して家中を電気にしてしまうという案もあります。そうすることによって、光熱費を安く抑えることができる場合もありますし、何よりもガスより電気のほうが環境に優しいです。一方、未だにガスを使っている家庭も多く存在しています。電気に交換する予定だがまだしていないという過程もありますが、ガスを好んで使っている家庭もあります。なぜ彼らはガスを好むのかというと、その魅力の一つに、ガスの火力の高さがあります。一般的にガスのほうが、電気よりも威力が強いので、お湯を沸かす能力が、電気よりもガスのほうが優れています。もし給湯器を交換する際、ガスから電気に交換しようと考えているのなら、火力が変化してしまう可能性がありますので、注意が必要です。さらに、その場合工事が必要になりますので、業者に依頼する必要があります。

業者を選ぶ時に

作業員

給湯器の交換は自分で行うことも可能ですが、国家資格が必要で経験もいる為、業者に依頼したほうが無難です。業者を選ぶ際には見積もりを取り、値引きの額を確認しましょう。製造業者・販売業者によって値引き額は異なります。

専門業者に任せよう

湯沸かし器

給湯器とはガスや電気等のエネルギーを使って水をお湯にする設備の事で、現在では多くの家庭に備わっています。給湯器の取り付けに関しては専門的な技術等が必要となるため、必ず信頼出来る業者に取り付けを依頼する事が大切です。