業者を選ぶ時に

作業員

選び方のコツ

今やどこの家庭にもあり生活に欠かせない機器といえば、給湯器です。家庭へお湯を供給するこの機器は、長年使用していると経年劣化していきます。故障したら修理か交換が必要になるのですが、その判断は給湯器の状態をよく見てから行いましょう。具体的には製造から10経過した製品は部品の製造が終了している可能性があります。よって10年経過しているものは修理不可能な場合がある為、交換という判断をしたほうが良いです。交換作業は業者でなく個人でも行うことは可能です。ですが、交換には電気工事士やガス設備士といった国家資格が必要になります。またそのような資格を持っていても実際の交換作業は経験が無いと難しい為、出来るだけ経験豊富な専門業者に依頼するようにしましょう。では業者に依頼をする場合のポイントですが、まずは見積もりを取ってもらいましょう。複数の業者が候補に挙がっている場合には、一括見積もりを利用すると効率が良いです。給湯器の交換にかかる費用の相場は、給湯能力やさまざまな機能の有無によって変わってきます。また、メーカーによっても金額は異なるので、業者によく話を聞き取り付ける給湯器を選定するようにしましょう。業者によっては本体料金の値引きがある場合があります。給湯器を製造しているメーカーの場合は値引きが少ないことが多いです。一方、給湯器の販売業者なら5割ほどの値引きをしてくれる場合があります。なので製造メーカーに依頼するのか販売業者に依頼するのかは慎重に決めましょう。